在日同胞の生活を考える会

「在日同胞の生活を考える会」へようこそ!

「在日同胞の生活を考える会」は、在日同胞の生活にスポットを当てた社会・文化運動体です。

 「在日同胞の生活を考える会」は、

  • 日本社会で在日として生きていこうと決意した同胞が、より豊かでより幸せに人生を送っていけるような環境を作っていきます。
  • 在日としてのアイデンティティーを確立して生きていけるよう、在日の仲間とともに模索していきます。
  • 在日が日本社会で抱える様々な悩み-結婚・就職・老後-の解決を目指します。
  • 年齢・性別・職業・学歴・国籍を問わず、誠実に生きていこうとする全ての在日に対して開かれた広場です。
  • 民主的話し合いの原則と、「みんなで決めてみんなで実行」の精神を大切にします。
  • すべての方針は草の根的ボランティア活動によって実行し、必要な資金は会員が納入する会費によって100%まかなっています。

 また「在日同胞の生活を考える会」では、同胞同士の繋がりと親睦を深めるための様々な集いも開催しています。

 私たちは、共に考え共に汗を流し、より豊かでより幸せに生きることを目指していく在日の参加を心より歓迎しております。

ぜひ一度、「在日同胞の生活を考える会」事務所にお立ち寄りください。

第5回在日市民フォーラムを開催致しました!

2022年11月19日(土)13:00より渋谷区氷川区民会館にて、「在日市民から見た『在日運動史』の振り返り」をテーマとする第5回在日市民フォーラムを開催致しました。今回の市民フォーラムも昨年に引き続き、オンラインでも複数の方にご参加いただいてのハイブリッド開催となりました。

市民フォーラム当日は、まず、在日の運動団体には、在日本朝鮮人連盟(朝連)~在日朝鮮統一民主戦線(民戦)~在日本朝鮮人総連合会(総連)という変遷、さらには在日大韓民国民団(民団)の存在と、結成と解散、或いは分裂といった「断絶」の歴史があったことを振り返りました。一方で、日々生きていくためにも、子供たちにより良い教育機会を与えるためにも、生活を少しずつ良くしていこうという一貫した取組み、即ち「連続」の歴史もあったことを確認しました。そして、運動団体が、この「連続」の側面、生活者の団体としての特徴を強く兼ね備え、主体的な運動が行われていた時期に、在日の強い支持を得ていたこと...、ただ、在日の運動史はそのような生活に根差した主体的な運動を、持続的には行い得なかったという歴史でもあること...、在日は「より良い生活」という未完のプロジェクトの道半ばにいるのだということを、共有の認識としました。

また、来年以降もこの市民フォーラムを開催し、「生活」の内実が時代とともに大きく変化してきている中で、これからの在日にとっての「よりよい生活」とは何なのか、といったテーマについて議論を深めていくことについて賛同を得ました。さらには、「在日同胞の生活を考える会」が発足40年を迎える2023年に向けては、これまでの市民フォーラムの成果を、より多くの在日が触れることのできる形にまとめていくべきなのではないか、といった意見もだされました。

「市民フォーラム」開催を通じて得た貴重な意見・提言をもとに、在日一人一人の「より良い生活」の実現に資するべく、引き続き取り組んでいきたいと思います。


第5回在日市民フォーラム(市民討論会)開催のご案内

日時 : 11月19日(土)13:00~17:00
場所 : 渋谷区氷川区民会館(オンライン同時開催)

【開催主旨】

「在日同胞の生活を考える会」では、2018年より4回にわたって「在日市民フォーラム」を開催してまいりました。昨年の第4回「在日市民フォーラム」以降、在日同胞市民の皆さまからのご要望・ご要請の声にお応えし、今年も、在日市民の皆さまが広く直接ディスカッションのできる場として、第5回「在日市民フォーラム」を11月19日(土)に開催いたします。

過去フォーラムでは、参加者全員の経験や考えを共有しながら、在日が直面する「アイデンティティ・クライシス」、「本国人でもなく日本人でもない浮き草的存在」「在日はもはや消滅するしかない存在」などの誤った想念を乗り越え、在日の日本「定住」概念から出発し「存在としての在日」を現代の「在日の自画像」として素描しました。同時に「意識としての在日」=「在日アイデンティティ」も大変貌を遂げ、現代の多様化した民族概念を基礎とする「新しい民族的価値」と、日本定住を出発点にした「市民的価値」の2つを多くの在日が共有していることを確認しました。

第5回「在日市民フォーラム」では、在日自身の在日コミュニティや日本社会、朝鮮半島への主張や働きかけである、今までの在日運動を主体的に振り返ることによって、在日市民として引き継ぐべき大切な正の遺産や宝物と、現代の在日にも影響を与えている在日運動の負の側面について、タブーを排し、多面的・多角的・多層的・立体的にディスカッションします。

在日市民として未来の世代に対し社会的責任を自覚し、責任ある行動をとるために、そして、価値観の混迷を克服し在日アイデンティティを確立していくために、運動史を振りかえる試みです。

「朝連」の成果と教訓や、「定住」の先駆けとなる「民戦時代」の生活重視の運動史、そして「総連」などの運動史から在日市民が学ぶべき主要論点などを真正面にすえて、温故知新、在日の未来に向けた、「在日」運動史の宝物探しと振り返りを行います。

参加者の皆さまと在日の未来についてのポジティブな手がかりを模索したいと思います。「在日運動の歴史」を自由闊達に語り合う「在日市民フォーラム」、心からご参加をお待ちしております。

【第5回 在日市民フォーラム 開催要領】

日時:2022年11月19日(土) 午後1時より午後5時まで

場所(仮):渋谷区氷川区民会館・会議室1号(渋谷区東2-20-18 恵比寿駅徒歩10分)

https://www.city.shibuya.tokyo.jp/shisetsu/chiiki/kumin_kaikan/km_hikawa.html

*新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、オンラインでも同時開催します。

参加費用:1,000円(フォーラム終了後懇親会予定(参加費用別途3,000円)

主催・連絡先:「在日同胞の生活を考える会」事務局

東京都渋谷区恵比寿南2―5-9 内藤ビル301号

       TEL:03-3792-3737 FAX:03-3792-1717 Mail:ZVC11217@nifty.com

ディスカッション・テーマ:

1.    在日市民から見た「在日運動史」の振り返り - その正と負の遺産

2.    在日アイデンティティと在日の未来 在日のより良い生活を目指して

皆さんのディスカッションを活発にするために、当日簡単な問題提起を準備しています。

2022年9月22日「在日同胞の生活を考える会」事務局

活動報告

2016年11月活動記録

2016年11月19日 00:00
拡大事務局会議を開催しました。事務局会議に先立つ意見交換会では、韓国社会を大いに揺るがして朴槿恵大統領が任期切れ前の辞任を表明することとなった「崔順実ゲート」問題について議論しました。議論の中では、地縁、血縁、友人関係で社会正義がないがしろにされる韓国社会の前近代の残滓が、これを機に一掃しないといけない、という意見が出されました。と同時に、今回の件が明るみに出てきたこと自体、前近代的な側面のない透明性があって公正な社会、真に民主的な社会に向かって行くための一歩であり、大統領退陣を求めるデモが整然と秩序を持って行われていることは韓国社会の成熟度を表している、という本件の肯定的な側面に着目した意見

2016年10月活動記録

2016年10月15日 00:00
「在日同胞の生活を考える会」の活動に必要な資金は、100%、会員が納入する会費によって賄われています。毎月の活動費を賄って行くのも容易ならざるところではありますが、10月は特別な大型出費が予定されていました。その為、事務局を中心として協力を呼びかけ、結果、会員の方々から活動を続けて行くために必要な資金を得ることができました。「考える会」はここ数年、幅広い在日が共有することのできる出版物の刊行やシンポジウムの開催ができておらず、少なからぬ会費を負担を頂いている会員の方々に報いるだけの「考える会」として価値を生み出せているのだろうか、との想いにかられる事もあります。にも関わらず、会員の方々からの日
<< 23 | 24 | 25 | 26 | 27 >>