在日同胞の生活を考える会

「在日同胞の生活を考える会」へようこそ!

「在日同胞の生活を考える会」は、在日同胞の生活にスポットを当てた社会・文化運動体です。

 「在日同胞の生活を考える会」は、

  • 日本社会で在日として生きていこうと決意した同胞が、より豊かでより幸せに人生を送っていけるような環境を作っていきます。
  • 在日としてのアイデンティティーを確立して生きていけるよう、在日の仲間とともに模索していきます。
  • 在日が日本社会で抱える様々な悩み-結婚・就職・老後-の解決を目指します。
  • 年齢・性別・職業・学歴・国籍を問わず、誠実に生きていこうとする全ての在日に対して開かれた広場です。
  • 民主的話し合いの原則と、「みんなで決めてみんなで実行」の精神を大切にします。
  • すべての方針は草の根的ボランティア活動によって実行し、必要な資金は会員が納入する会費によって100%まかなっています。

 また「在日同胞の生活を考える会」では、同胞同士の繋がりと親睦を深めるための様々な集いも開催しています。

 私たちは、共に考え共に汗を流し、より豊かでより幸せに生きることを目指していく在日の参加を心より歓迎しております。

ぜひ一度、「在日同胞の生活を考える会」事務所にお立ち寄りください。

第2回在日市民フォーラム(市民討論会)

「在日の変化を見据え、在日の未来を語る」を

開催致しました!

2019年11月17日(日)13:00より、渋谷区立勤労福祉会館にて、第2回在日市民フォーラム「在日の変化を見据え、在日の未来を語る」を開催致しました。

第1部「自ら語る「在日朝鮮人」~「在日」への変貌」では、日本を仮寓の地としていた「在日朝鮮人」の時代から、日本への定住を前提として生きる「在日」の時代への大きな変化があった中においても、日々の生活と子女の教育を重視する価値観が、変わらずに綿々と引き継がれていることを確認しました。第2部「 在日的アイデンティティと在日の未来-在日のより良い生活を目指して」では、事務局から「在日社会の明るく前向きな未来を切り開いていくためには、在日の歴史を総括し、過去にあった多くの過ちから学び、在日の視座から深く考えて生活していく必要がある」という提言がなされました。この提言のもとで、活発な意見交換がなされ、改めて在日の多様性に触れると共に、在日としてより良く生きることを「考える」場となりました。また、今回のフォーラムには、大学生、若手の社会人、小さなお子さんを連れた子育て世代、熟年世代まで幅広い年代、様々な立場の在日が参加があった中で、多様な在日同士が忌憚のない意見交換をする場として、市民フォーラムを継続的に開催することの必要性を確認致しました。

「在日同胞市民講座」の内容を基礎とした事務局からの提言、市民フォーラムの場で出た参加者からの貴重な意見を、今後のために生かすべく、引き続き取り組んでいきたいと思います。

第2回在日市民フォーラム(市民討論会)
「在日の変化を見据え、在日の未来を語る」
開催のご案内


日時    :2019年11月17日(日) 13:00~17:00 (12:30受付開始)

場所    :渋谷区立勤労福祉会館2F 第1会議室(渋谷区神南1-19-8 渋谷駅徒歩10分)

               https://www.city.shibuya.tokyo.jp/shisetsu/shuro/kinro.html

               ※小さなお子様をお連れの方には、別室(勤労福祉会館2F・和室)を用意しております。 

参加費:1,000円


ディスカッション・テーマ:

1.    自ら語る「在日朝鮮人」~「在日」への変貌-その過程の展開と今日的課題

2.    在日的アイデンティティと在日の未来-在日のより良い生活を目指して

※皆さんのディスカッションを活発にするために、ファシリテーター(進行役)からの簡単な報告を準備しています。

※開催趣旨等、詳細は↓をご参照ください。

https://zainichi-seikatsu-kangaeru.webnode.jp/_files/200000047-2741e27420/20190925_%E6%A1%88%E5%86%85%E6%96%87_%E5%91%89%E6%AD%A3%E6%86%B2%E4%BF%AE%E6%AD%A3.pdf

参加申込・お問い合わせは「考える会」事務局までお寄せください。

皆さんの参加をお待ちしております!

活動報告

2019年2月活動記録

2019年02月02日 15:00
拡大事務局会議を開催、昨年11月18日(日)に開催した「在日同胞市民フォーラム『語り合う、新しい在日アイデンティティ』」を踏まえた今後の取組みについて議論しました。その中では、昨年のフォーラムで「在日の存在自体が大きく変化した」という認識を共有できたので、今後は「より具体的に、何が変化したのか」「なぜ、そのような変化が起こったのか」という方向での議論が必要なのではないか、という意見が出されました。また、その方法としては、昨年の市民フォーラム同様に公開された議論の場を設ける必要があり、そして踏み込んだ議論をするためにも、2007年~2012年に開催された「在日同胞市民講座」の内容を土台に、在日史

2019年1月活動記録

2019年01月26日 14:00
事務局会議を開催しました。事務局会議に先立って、韓国の最高裁が日本の複数の企業に対して、戦前の「徴用工」への賠償を命じる判決を下したことについて意見交換を行いました。その中では、国家間に日韓基本条約があるので、最終的には韓国政府が解決すべきことなのではないか、という意見がでる一方で、立法(議会)・行政(政府)・司法(裁判所)の三権分立がある以上、個人の請求権についての司法府の判決そのものは尊重されるべきなのではないか、という意見も出ました。また、今回の問題を契機にマスメディアでは「日韓関係は悪化」という前提で報道がなされているが、人的交流、経済的な繋がりが依然として高い水準にあることを忘れるべ
<< 2 | 3 | 4 | 5 | 6 >>